[特集]一般的な災害対策の問題点 ~ 災害対策コンサルタントの目線で検証[特集]一般的な災害対策の問題点 ~ 災害対策コンサルタントの目線で検証
震災時における死亡原因は第一位が建物の倒壊、第二位は二次的災害で地震に起因する火災の発生によるもの、という統計が出ています。
実際に1995年に起こった阪神・淡路大震災では、80%以上の方が建物や家具の下敷きとなった窒息死や圧死で命を落とし、下敷きとなり避難できずに火災が原因で焼死したと思われる方を加えると全体の95%以上と言われ、この二つの要因が大半を占めています。
まずはその瞬間の危険を回避し、いのちを守ることこそが防災対策におけるファーストチョイスになります。
一般的な災害対策の問題点 ~ 災害対策コンサルタントの目線で検証
害対策といえば地震対策を連想し、地震で生き延びた後の避難生活に焦点をあて、緊急食料・水などの備蓄を考えがちですが、震災時に水や食糧不足で死者が出たことはありません。地震の二次災害による火災での死者の方が圧倒的に多いのが実情で、まずはその瞬間の危険を回避し、いのちを守ることこそが防災対策における最優先事項になります。

消防法では、地震による被害軽減のため地震災害に対応した消防計画の立案・作成を義務づけています。地震対策といえば水や緊急食料の備蓄を重視してしまいがちですが、阪神・淡路大震災は早朝の地震であったため、家具などの転倒による窒息・圧死者が66.3%と群を抜いていますが、それでも焼死者は12.2%を占めています。また、救援物資の遅配が問題になりましたが、物資が届かないことが直接的な原因で亡くなった方はいませんでした。

これらから考えた場合、地震対策として水や食料の備蓄ではなく、[社内設備の耐震補強] [初期消火活動用自衛消防隊装備品] [避難経路の確保(呼吸保護具の確保)]が最初に考えられなければならない災害対策備蓄の考え方であり、いかに火災から従業員やお客様を避難させるかに主眼を置いた計画を立てる必要があります。

その時を生き残る、命を守るための備えその時を生き残る、命を守るための備え
その時を生き残る、命を守るための備え
避難経路の確保(呼吸保護具の配備)
初期消火(自衛消防隊の装備品)
社内設備の耐震補強
呼吸保護・視界確保・露出部の保護
転倒防止・飛散防止・耐震補強具
何よりも大切なことは自分の命を危険から守ること、これが先決です。
地震発生直後、強い揺れを感じた時は、真っ先に机の下などに身を隠し天井からの落下物や収納棚などの転倒から身を守らなければなりません。オフィスビル内のロッカーなどは事前に転倒防止措置を施し、揺れがおさまった後、速やかに安全な場所へ避難できるように避難経路の確保などの対策をとりましょう。
その時を生き残る、命を守るための備え
危険を避けて脱出、安全を確保して救出危険を避けて脱出、安全を確保して救出
危険を避けて脱出、安全を確保して救出
初期消火(自衛消防隊の装備品)
救助、工作、脱出、救急用具の準備
初期消火・避難誘導・救助工作
応急手当・緊急搬送
地震発生後、揺れなどがおさまり瞬間的な身の危険が去った後は、直ちに安全な場所への避難が最優先です。避難時には、さまざまな危険が立ちふさがり迅速な避難を妨げます。 その1つが有毒なガスや煙で、視界を遮る上に呼吸困難な状態を招き、最悪の場合は死に至るケースもあります。もう1つは、震災の揺れによって倒壊したロッカーや歪んだドアなどが開かなくなり脱出できないことです。 これらの状況を考え、緊急避難時における対策としては、日頃から身近に緊急避難用呼吸保護具を、脱出経路などに救助工作用工具を設置することを心がけましょう。
危険を避けて脱出、安全を確保して救出
安全な場所で心身を落ち着け救援を待つ安全な場所で心身を落ち着け救援を待つ
安全な場所で心身を落ち着け救援を待つ
日頃からの保管、管理、運用を考慮
最低限必要な食料や水などの備蓄
生活用品(災害対策用トイレなど)の備え
帰宅支援・衛生処理・保温
美味しい食事・多用途な水
飛沫感染防止・接触感染防止
安全な場所へ避難した際、災害発生直後に支援物資が届くことは期待できず、初日は食事・トイレなどを自分達の力でのりきらなければならない可能性があります。食事面では、緊急時だからこそ安全・安心して食べられる美味しいものを。トイレ問題については、1)衛生的に処理できる 2)プライバシーの保護 という点を考慮して対策をたてましょう。
安全な場所で心身を落ち着け救援を待つ
レスキュープラスでは、左図の優先順位での災害対策備蓄を推奨し提案しています。
オレンジキットMNスモークブロックFF
工具セット救急衝材セット
ディスポストレッチャー折りたたみ式担架
緊急A4キットB5 1Dayレスキュー
ワリと旨い雑炊シリーズ備蓄用保存水
[特集]一般的な災害対策の問題点 ~ 災害対策コンサルタントの目線で検証
特集コンテンツ
一般的な災害対策の問題点 ~ 災害対策コンサルタントの目線で検証