もしもの時の大問題?! 避難生活のお話もしもの時の大問題?! 避難生活のお話
避難生活を想定した災害対策用品の備蓄を検討する上でもっとも重要な問題のひとつにトイレの問題があげられます。
もしもの時の大問題?! 避難生活のお話
の理由は、実際にトイレが使用できないわけではなく、震災の影響によるライフラインの停止で水が使えなくなり汚物を処理することができなくなるためです。そのため、災害対策用備蓄品としてトイレを選定する上では、以下の3点を考慮に入れることが重要となります。
1) プライバシーの保護
2) 排泄物の処理
3) 灯りの確保
害対策備蓄用トイレは多種多様な製品が発売されていますが、プライバシーの確保の観点からは既存のトイレを活用する製品が適しています。既存のトイレは、たとえ建物が倒壊したとしても構造上強固に造られているため水が流れない点を除けば機能している場合も多く、プライバシーの保護は平常時同様万全です。災害時には治安の悪化も懸念されるため、トイレ施設が残存していれば活用することが備蓄品トイレの選定に最も適していると言えるでしょう。

泄物の処理については、前述の通り、下水道が機能していないケースが想定されるため、より簡単により衛生的にその場で直ちに処理することが重要となってきます。レスキュープラスで推奨する製品のひとつは クインネットCL クインネットCL でこの製品は、炭酸カルシウムの素材を使用し底面に吸収ポリマーシートが接着されたサニタクリーン便袋を用いたトイレで、大小便ともに包んで処理ができるためより衛生的に処理ができます。まとめた便袋も、産業廃棄物としてではなく可燃ゴミ扱いでの廃棄が可能です。(※地方自治体によって処理方法が異なる場合があります)

もしもの時の大問題?! 避難生活のお話
防災コラム